外国人雇用に関すること

事業展開に関すること

ブログ!国際業務雑記

トップ > 外国人実習生の受入れ手続 >団体監理受入型

  1. *技能実習生の受入れには、【企業単独型】と【団体監理型】の2つのタイプがあります。その中で、【団体監理型】とは、主に事業協同組合等の企業組合が受入れ、組合員企業(第二次受入機関と呼ばれます)での技能実習を行うものです。

 

 

  • 弊事務所では、入国管理局申請はもちろんのこと、実習条件等に関するアドバイス、条件等の交渉、現地日本大使館・領事館での査証申請、日本入国後の手続きなど、外国人技能実習生に係るサポートをしております。